現代ならでは!身長が伸び悩む原因とは

子どもの成長のスピードには個人差がありますが、やはり親としては悩ましいところですよね。男の子はもちろん、現在では女の子も背が高い方がいい!という子どもも多いようです。遺伝は多少関係はありますが、身長は遺伝だけではありません。現代の子どもの身長が伸びない大きな原因は、スマホの普及が大きいと言われているのです。塾など習い事の関係で、中学生になるとスマホや携帯電話を持つ子どもが多いのではないでしょうか。しかし、そのスマホでゲームに夢中になってしまい、睡眠時間が削られているという子どもも少なくないのです。身長を伸ばすためには、成長ホルモンが必要不可欠。この成長ホルモンは、十分な睡眠によって分泌されます。夜22時から夜中の2時は、睡眠時間のゴールデンタイムということは有名ですよね。しかし、スマホやゲームに夢中になってしまい、十分な睡眠時間を確保できていない子どもも多いのだとか。夜はスマホを親が預かるといった配慮も考えたいですね。スマホを真剣に見ると、どうしても姿勢が悪くなってしまうものです。背骨が歪んでしまうことで、身長も伸び悩む危険があります。電車のなかや食事中でもスマホを持ってしまうクセがつくと、注意が必要ですね。スマホはとても便利ですが、子どもが使う際には親がサポートすることがおすすめです。

 

 

 

気を付けたい!子どもにお菓子を与えるとき

最近は新しいお菓子もどんどん発売し、スーパーのお菓子コーナーを覗くのも楽しいですよね。もちろん、ワクワクする気持ちは子どもも一緒。しかし、お菓子の食べすぎは身長の伸びに悪影響を与える可能性があるということはご存じでしょうか。食べすぎてしまったり、寝る前などの遅い時間にお菓子を食べてしまうと、血糖値が上がってしまいます。寝付きが悪くなり、成長ホルモンをうまく分泌することができなくなってしまうのです。お菓子は思ったより高カロリーのものが多いです。市販のスナックやチョコレート、アイスクリームなど、食べる量や食べる時間を大人がきちんと管理しておきたいですね。お菓子はカロリーは高いのですが、成長に必要な栄養素はほとんど含まれていません。朝やお昼をお菓子で済ませご飯をあまり食べられないなら、それは成長に必要な栄養素を摂取できる機会をなくしてしまうということになるのです。また、スナック菓子のなかには「リン酸塩」を含んでいるものもあります。これはカルシウムを体外に排出してしまう恐れがあるのです。成長に必要なカルシウムが排出されてしまうと、もちろん骨の成長に影響してしまいますね。子どもにお菓子を与えるときは、きちんと管理することがポイントです。カロリーの低いお菓子にしてみたり、カルシウムやマグネシウム、ビタミンDなどの栄養素が入ったお菓子を与えることもおすすめです。

 

セノビックの効果って中学生でもあるの?